賃貸アパート経営をすることのメリット

会社員の副業としても遊休地の相続対策としても、賃貸アパート経営は注目されています。



賃貸アパート投資をして実際に経営を行うには、多額の資金が必要になりますので金融機関からの借入で対応する場合が多いでしょう。



そうなると、家賃収入が思った通り入ってこなければ返済が滞ってしまうというリスクが生じます。



また、空室リスクも抱えることになります。



しかし、賃貸アパート経営をすることによるメリットもたくさんあります。


一つが比較的安定した現金収入を得ることができるという点です。


家賃も物価に連動して変動するものではありますが、その連動性はその他の動産等に比較すると低いです。



つまり、物価が下がった場合でも家賃は急激に下がる可能性は低いのです。

これは収入確保の面からは大きなメリットとなります。

家賃収入というインカムゲインを享受しつつ、土地の値上がり益というキャピタルゲインを狙える可能性もあります。



株式への投資も配当というインカムゲインと株価上昇というキャピタルゲインがありますが、不動産の場合はそのバランスが良い点がメリットといえるでしょう。
さらに、更地をもともと持っていてそこにアパートを建てた場合には、相続税の計算上、評価額を下げることができるというメリットも注目されています。



更地のままだと最も高い評価になってしまいますが、賃貸によって他人が使うことになると、その人の権利の分だけ評価額が下がることになるのです。



関連リンク

  • 1人暮らしを始めるので賃貸マンションを探しているという人は、インターネットを使ってみてはいかがでしょうか。探す際には家賃、間取り、エアコンなどの設備を見ていくものです。...

  • 大学生になって初めて賃貸アパートを探すことになった人や、事業年度の区切りで転勤になって新天地でアパート探す人もいるかもしれません。賃貸物件を選ぶ状況というのは、4月からの通学や勤務に間に合わせるため等、多くの場合いつまでにアパート等を決めなければいけないという期限に迫られています。...