失敗しない賃貸物件の選び方

大学生になって初めて賃貸アパートを探すことになった人や、事業年度の区切りで転勤になって新天地でアパート探す人もいるかもしれません。



賃貸物件を選ぶ状況というのは、4月からの通学や勤務に間に合わせるため等、多くの場合いつまでにアパート等を決めなければいけないという期限に迫られています。新築マンション購入目的の物件探しの場合は、現在住んでいる場所に住み続けながら探すためあまり焦りはないかもしれませんが、賃貸物件を探している場合は、できるだけ早く、しかもいい物件を見つけたいという状況にあることが多いのです。



何事もそうですが、焦って物件選びをすると失敗する可能性があります。



それを避けるためには賃貸物件探しのポイントをあらかじめ知っておくことが大事です。



もちろん、ポイントは多岐に渡ります。

建物周辺の環境について、建物の築年数やキッチン、風呂等の設備レベル、既に入っている入居者層の特徴などキリがありませんが、契約やお金にからむことも重要なポイントです。



特に、礼金や更新料については物件検討の初期段階で把握し、礼金(一か月換算)プラス家賃の合計で複数の物件の家賃比較を行うことが大事です。

家賃が安くても礼金が高ければ実質的な家賃は高くなるという見方が必要なのです。



また、家賃は駅からの距離や築年数等によって変化します。



そのため、複数の物件を比較する場合は、駅からの距離や面積、間取りそして設備レベルを一覧表にして条件比較を行った上で家賃比較をするのもいい方法だといえます。



関連リンク

  • 会社員の副業としても遊休地の相続対策としても、賃貸アパート経営は注目されています。賃貸アパート投資をして実際に経営を行うには、多額の資金が必要になりますので金融機関からの借入で対応する場合が多いでしょう。...

  • 1人暮らしを始めるので賃貸マンションを探しているという人は、インターネットを使ってみてはいかがでしょうか。探す際には家賃、間取り、エアコンなどの設備を見ていくものです。...