賃貸で快適な暮らしをエンジョイするために

駅に近いアパートや広い敷地を自由に使える借家など、今の賃貸物件は実に優良なものが多く、住環境も整っています。

どんな住まいを選ぶかは自分の生活スタイル、仕事、家族構成などによって違いがありますが、経済的な面も考えて余裕の持てる形で住居を選ぶのが得策です。



私はかつてマンションを借りて家族3人で生活していましたが、そこは賃貸としてかなりいい物件でした。



街の中心部にあってスーパーなども程近く、生活環境もよかったので大変住みやすく、10年以上ここで暮らした記憶があります。

どうしてそれほど長く暮らせたかといえば、自分がその住環境を好きになり、周囲にもあわせるよう努力していたからでしょう。



隣人は選べませんが、不動産そのものは契約する前にいくらでも調べることができます。賃貸を借りる際、まずはそこで快適な暮らしができるか、経済的に負担は少ないかを検討すべきです。



生活に必要なものは衣食住であり、この三要素のうちでもっとも必要なのは住環境です。



家さえ確保できれば、後の二つはおのずとついてきます。

賃貸を借りての生活は、管理者との関係を良好にすることも学べます。



管理者とはあらかじめ契約の際に交渉をして、敷金礼金などを話し合い、納得しあった上で契約をします。
どれだけいい条件で契約ができるかで、長く住めるかどうかも決まります。



学生などはアパート暮らしをする場合、まず家賃で判断しますが、社会人として住むのなら、住環境を最優先にして決めるといいです。



関連リンク

  • 大学生になって初めて賃貸アパートを探すことになった人や、事業年度の区切りで転勤になって新天地でアパート探す人もいるかもしれません。賃貸物件を選ぶ状況というのは、4月からの通学や勤務に間に合わせるため等、多くの場合いつまでにアパート等を決めなければいけないという期限に迫られています。...

  • 駅に近いアパートや広い敷地を自由に使える借家など、今の賃貸物件は実に優良なものが多く、住環境も整っています。どんな住まいを選ぶかは自分の生活スタイル、仕事、家族構成などによって違いがありますが、経済的な面も考えて余裕の持てる形で住居を選ぶのが得策です。...